「無理」の構造アニメ

エピソード3 みんな同じ

『「無理」の構造』細谷功著)収載の一コマ漫画を動かしてみました。
10本のエピソード(+おまけ動画5本)があります。順に公開していきますので、お楽しみに!
漫画はdZEROサイトで連載している謎の漫画家一秒さんです。

……個人の特性に関して、個性的な人が少なくなって、集団全体が個性のない集団へと変わっていく流れも不可逆的であるといえます。少人数のベンチャー企業は会社による個性の違いが大きいですが、何万人もの大企業は、みな同じような集団になっていきます。この構図を考慮すると、一つの体制下で成熟社会や会社においては年配者から見れば常に下の世代は自分たちよりも個性がないように見えるはずです。(本文より)

こんにちは!dZERO編集部学生アルバイトのCです!

この傾向は大学のサークルにおいてすら感じられますからねー。初期の「仕事を作る側」の下について働く人々に求められるのは「個性」ではなく「素直さ」であるというのは考えてみれば当たり前の話ではあるんですが。
しかし大学のサークルは少なくとも4年毎にトップが卒業するのでいつまでも新鮮さを保っていられるのに比べて、終身雇用するような大企業がどうリフレッシュしていくかというのは重大な課題ですよね、しかしただ流れに逆らうだけではなにも解決できません。

そんな感じで「意識高い系」の人をずっと小馬鹿にしてきたのですが、この前「それで、そのソースはどこなの?」とナチュラルに言っている自分に気づき愕然としました。やっぱり便利なんですよね~。

『「無理」の構造』では第8章において、「社会・会社の劣化の法則」について解説しています! 読めばきっと、若者にこんなナメた口きかれても怒らないで済むようになる……はず。

おまけ 平家物語

エピソード4に続く

細谷功『「無理」の構造』をいますぐ買う!

2016年5月4日更新

シェアする

「無理」の構造アニメ の更新をメールでお知らせ

下のフォームからメールアドレスをご登録ください。


メールアドレスを正しく入力してください。
メールアドレスを入力してください。

細谷功の動画 読み込み中…

細谷功の本 読み込み中…