新着コラム

第3回 自分の頭で考えろ

知識を教育するには、多分に外から「教える」というスタンスが重要で、(やる気があろうがなかろうが)強制的に同じ時間と場所に生徒を拘束して「詰め込む」ことで、一定の成果が得られます。これに対して「思考」は純粋に内発的な行為なので、これを「知識」と同じアプローチで教育することは非常に困難です。

第2回 抽象的でわからない

「具体的に言ってくれないと、わかりませんよ」という言い方、これも強烈な自己矛盾です。「具体的」という言葉自体が相当抽象的だからです。その証拠に、抽象概念を扱うことができない子供が「具体的」という言葉を使うことはありません。

第1回 行動がすべて

「行動がすべてだ!」日常生活でもネットの世界でも本当によく見聞きする言い方です。しかし、よくよく考えてみると、この言葉自体が「行動を伴っていない言葉」の最たるものであることがわかります。言っている人もその大きな矛盾に気づいていないことがほとんどです。この言葉の意味は、「そんな〈御託を並べている〉暇があったら、その間にも行動せよ」ということだからです。

第5回 「三人寄れば文殊の智恵」×「船頭多くして船山に上る」

  「寄る」か「一人」か 今回もことわざを取り上げます。 ●「三人寄れば文殊の智恵」 ●「船頭多くして船山に上る」 これらのことわざ、要するに前者は「人数は多いほうが良い」、後者は「人数は少ないほうが良い(一人が一番)」 … Continued

第4回 「善は急げ」×「急いてはことを仕損じる」

  ことわざに求めるもの 今回のテーマは「ことわざ」です。そもそも、ことわざとはいったい何なのか。「対立」という視点で考えてみます。 取り上げる「名言」(というよりことわざなんですが)は、以下の二つです。 ●「善は急げ」 … Continued

第3回 「教育は最強の武器」×「教育は妨げ」

  マンデラ × アインシュタイン 今回のテーマは「教育」です。人間が行きていく上で不可欠であり、社会や政治の「永遠の課題」とも言えるのが子どもたちにいかに上質な教育を公平に受けさせるかということでしょう。誰もが通る道で … Continued

第2回 「知識は力なり」×「想像力は知識よりも重要」

  ベーコン × アインシュタイン 昨今のAI(人工知能)の飛躍的な発展は、人類の知的能力への大きな挑戦であり、我々の価値観を大きく揺さぶる可能性があります。連載第2回のテーマは「知識」です。 今回取り上げる名言は以下の … Continued

第1回 「顧客は常に正しい」×「もっと速い馬を」

  必然としての「対立」 本連載のテーマは「対立」です。古今東西、老若男女の著名人のみならず、私たちの日常で身近な人から聞かれる数々の「名言」を取り上げて、そこに潜むさまざまな対立構造を読み解くことで、世の中の仕組みや人 … Continued

エピソード10 人は変えられない

『「無理」の構造』(細谷功著)収載の一コマ漫画を動かしてみました。 10本のエピソード(+おまけ動画5本)があります。 漫画はdZEROサイトで連載している謎の漫画家一秒さんです。 ……コミュニケーションにおいて、「伝え … Continued

エピソード9 鉄壁

『「無理」の構造』(細谷功著)収載の一コマ漫画を動かしてみました。 10本のエピソード(+おまけ動画5本)があります。順に公開していきますので、お楽しみに! 漫画はdZEROサイトで連載している謎の漫画家一秒さんです。 … Continued