ミャンマーへの道

第8回 戦乱の記憶

街中の軍隊 2年前(2012年)にミャンマーを訪れ、ヤンゴンから北へ1時間半ほどのバゴーという都市へ向かって幹線道路を走っていると、道の脇に数台の真っ黒な装甲車と、やはり真っ黒な制服を着た数十人を数える軍人が現れた。日本 […]

続きを読む…

第7回 未来に向かって変化、成長していく言語 
可能性としての「ミャンマー文字アルファベット化」論(3)

「非経済的な」「採算のとれない」文化が淘汰される可能性 ミャンマー人二人を選んで、自分の母語の文字が完全にアルファベット化されたらどう思うか、という質問を投げかけてみた。仮定の話なので想像しにくいようであったが、次のよう […]

続きを読む…

第7回 未来に向かって変化、成長していく言語 可能性としての「ミャンマー文字アルファベット化」論(3)

「非経済的な」「採算のとれない」文化が淘汰される可能性 ミャンマー人二人を選んで、自分の母語の文字が完全にアルファベット化されたらどう思うか、という質問を投げかけてみた。仮定の話なので想像しにくいようであったが、次のよう […]

続きを読む…

第6回 「零細」文化から復権の機会を奪うアルファベット化 
可能性としての「ミャンマー文字アルファベット化」論(2)

ひとつの言語をすべてアルファベットによって表記し、その言語固有の文字を廃することに、どのような長所・短所があるだろうか。身近な日本語がすべてアルファベット(ローマ字)表記になった場合を想定して考えてみる。 「国際化」を目 […]

続きを読む…

第6回 「零細」文化から復権の機会を奪うアルファベット化 可能性としての「ミャンマー文字アルファベット化」論(2)

ひとつの言語をすべてアルファベットによって表記し、その言語固有の文字を廃することに、どのような長所・短所があるだろうか。身近な日本語がすべてアルファベット(ローマ字)表記になった場合を想定して考えてみる。 「国際化」を目 […]

続きを読む…

第5回 自国の難解文字を廃絶する言語革命はありうるか
可能性としての「ミャンマー文字アルファベット化」論(1)

暗澹たる気持ちになる難解さ ミャンマー人に対してミャンマー語を習っていることを伝えると、異口同音に言われることの一つに、「ミャンマー文字は難解だろう」という指摘がある。 確かにミャンマー文字は難しい。初めてミャンマー文字 […]

続きを読む…

第5回 自国の難解文字を廃絶する言語革命はありうるか可能性としての「ミャンマー文字アルファベット化」論(1)

暗澹たる気持ちになる難解さ ミャンマー人に対してミャンマー語を習っていることを伝えると、異口同音に言われることの一つに、「ミャンマー文字は難解だろう」という指摘がある。 確かにミャンマー文字は難しい。初めてミャンマー文字 […]

続きを読む…

第4回 文化に優劣はあるのか

なぜミャンマー人は自国を小国と考えるのだろうか。 もちろん、ミャンマー人自身も、日本の2倍近い国土を有し6000万もの人口を擁する自国を、物理的に矮小(わいしょう)な国だと認識しているわけではないだろう。ある意味比喩的に […]

続きを読む…

第3回 3度の頓挫を越えて

前回の記事でミャンマー語を習い始めたと書いたが、実は現在勉強は頓挫(とんざ)している。2012年9月に受講を開始したものの、11月から1年間強、司法修習のため大阪に滞在することとなったので学習を中断したのが最初の頓挫であ […]

続きを読む…

第2回 「会話より文字」でミャンマー語を学ぶ

2009年9月、法務省のホームページで発表された合格者の受験番号の中に、自分の番号があることを確認した後、早速ミャンマー語学校を探し始めた。都内には、少ないながらもいくつかミャンマー語教室があるようである。 私はインター […]

続きを読む…

第2回 「会話より文字」でミャンマー語を学ぶ

2009年9月、法務省のホームページで発表された合格者の受験番号の中に、自分の番号があることを確認した後、早速ミャンマー語学校を探し始めた。都内には、少ないながらもいくつかミャンマー語教室があるようである。 私はインター […]

続きを読む…

第1回 司法試験とミャンマー料理店

 私とミャンマーとの出会いは、ほんの些末(さまつ)な出来事を契機とした。それは2006年のことと記憶する。私は当時、18年間勤めた酒とジュースの会社を辞め、法科大学院に入学して法律の勉強に初めて取り組む、司法試験受験生で […]

続きを読む…