『談志の日記1953 17歳の日記』のラジオドラマが放送されました。

『談志の日記1953 17歳の日記』のラジオドラマが、2月19日(土)18:00〜19:00の「文化放送サタデープレミアム」で放送されました。パーソナリティは立川吉笑さん。 淡々とした吉笑さんの語りと、昭和53年を表現し […]

続きを読む… from 『談志の日記1953 17歳の日記』のラジオドラマが放送されました。

『言葉のズレと共感幻想』刊行記念として、「完全オンラインイベント」開催 by 二子玉川 蔦屋家電 BOOK

こんにちは、dZEROスタッフのHKです。 これまで書店さんと共催のトークイベントでは、登壇者もお客さんも書店さんに集まって、というのが普通でした。dZEROでも過去、何度となく、書店さんのご協力で刊行記念イベントを共催 […]

続きを読む… from 『言葉のズレと共感幻想』刊行記念として、「完全オンラインイベント」開催 by 二子玉川 蔦屋家電 BOOK

長谷川浩一准教授の研究室におじゃましました。

先日、山の上にある中部大学応用生物学部環境生物科学科の長谷川浩一准教授の研究室におじゃましました。 長谷川准教授は応用昆虫学、線虫学、遺伝学の研究をされています。とても興味深いお話をうかがい、大変勉強になりました。線虫に […]

続きを読む… from 長谷川浩一准教授の研究室におじゃましました。

ラジオ「ビバリー昼ズ」で『談志の日記1953 17歳の青春』について触れてくださいました

ラジオ「ビバリー昼ズ」の2021年11月8日(月)放送分で『談志の日記1953 17歳の青春』について、パーソナリティの高田文夫さんが触れてくださいました。 1日も欠かさずにつづられた日記には、17歳の談志師匠の心情があ […]

続きを読む… from ラジオ「ビバリー昼ズ」で『談志の日記1953 17歳の青春』について触れてくださいました

『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』(岡大介著)出版記念会!

『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』の岡大介さんが、10月4日に浅草木馬亭で独演会を開催されました。 カンカラ三線での演歌を楽しみにしていたのですが、岡さんのフォークソングを聞いて、すごくいい声をしてらっしゃるのだな […]

続きを読む… from 『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』(岡大介著)出版記念会!

『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』の著者、岡大介さんが東京新聞の〈書く人〉に

『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』の著者、岡大介さんが2021年8月14日発行の東京新聞10面「書く人」に寄稿されています。 その中で岡さんは、どのようにして演歌(=演説歌)に出会ったのか、どうして演歌を選んだのか […]

続きを読む… from 『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』の著者、岡大介さんが東京新聞の〈書く人〉に

7月の新刊『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』本日から店頭へ

本日7月15日(dZEROサイトでは12日)から『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』(岡大介著)が発売開始されました。 著者の岡大介さんは、添田啞蟬坊の流れをくむ現代唯一の演歌師です。演歌とは本来「演説歌」のこと。明 […]

続きを読む… from 7月の新刊『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』本日から店頭へ