『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』の著者、岡大介さんが東京新聞の〈書く人〉に

『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』の著者、岡大介さんが2021年8月14日発行の東京新聞10面「書く人」に寄稿されています。 その中で岡さんは、どのようにして演歌(=演説歌)に出会ったのか、どうして演歌を選んだのか […]

続きを読む… from 『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』の著者、岡大介さんが東京新聞の〈書く人〉に

7月の新刊『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』本日から店頭へ

本日7月15日(dZEROサイトでは12日)から『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』(岡大介著)が発売開始されました。 著者の岡大介さんは、添田啞蟬坊の流れをくむ現代唯一の演歌師です。演歌とは本来「演説歌」のこと。明 […]

続きを読む… from 7月の新刊『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』本日から店頭へ

7月新刊『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』見本出来!

7月15日発売(dZEROサイトでは12日)の『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』の見本が出来上がってきました! カバー写真で歌っているのはもちろん、著者の岡大介(おか・たいすけ)さん。撮影は阿久津知宏さんで、新型コ […]

続きを読む… from 7月新刊『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』見本出来!

『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』制作中です

こんにちは。dZERO新人のHKです。岡大介さんの『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』、鋭意製作中です。 ここで出てくる「演歌」とは、こぶしをきかせて歌う演歌ではなく、「演説歌」のことです。演説歌=演歌とは、自由民権 […]

続きを読む… from 『カンカラ鳴らして、政治を「演歌」する』制作中です

『やわらかな知性 認知科学が挑む落語の神秘』の著者、野村亮太さんが日刊ゲンダイのインタビューを受けました。

7月1日発売の新刊『やわらかな知性 認知科学が挑む落語の神秘』の著者、野村亮太さんが日刊ゲンダイさんのインタビューを受けました。8月初旬に掲載予定です。 落研出身の研究者とあって、事例として落語の一部を語るときの上下(か […]

続きを読む… from 『やわらかな知性 認知科学が挑む落語の神秘』の著者、野村亮太さんが日刊ゲンダイのインタビューを受けました。

啓文堂書店渋谷店さんにて、dZERO感謝7周年フェアがスタートしました!

dZEROの創業は2013年7月1日です。つまり、いわゆる「創業7周年」です。 どんでん返し、ちゃぶ台返し、嵐、拾う神あり、思えば遠くへきたもんだ……と、いろいろありました。感慨深いものがあります。 言い換えれば、まだ7 […]

続きを読む… from 啓文堂書店渋谷店さんにて、dZERO感謝7周年フェアがスタートしました!

【ご参加御礼】本の交差点Vol.1 「具体と抽象ワークショップ」

「本の交差点Vol.1」として開催した、細谷功さんの公開講座「具体と抽象ワークショップ」、ご参加ありがとうございました。 テーブルを島にして、参加者同士でディスカッションする場面が多々ありましたが、初対面にもかかわらず大 […]

続きを読む… from 【ご参加御礼】本の交差点Vol.1 「具体と抽象ワークショップ」

丸善名古屋本店の「ほん×ろじ」参加と『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』トークイベント、そしてコメダ珈琲の味噌カツサンド

こんにちは。dZEROスタッフXです。 10月28日(土)~29日(日)、名古屋は栄の書店・丸善名古屋本店さんで「本の路地裏横丁(ほん×ろじ) 本の産直市@名古屋2017」というイベントが開催されました。これは、地元名古 […]

続きを読む… from 丸善名古屋本店の「ほん×ろじ」参加と『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』トークイベント、そしてコメダ珈琲の味噌カツサンド