「無理」の構造アニメ

エピソード2 いわれたコトだけ

『「無理」の構造』細谷功著)収載の一コマ漫画を動かしてみました。
10本のエピソード(+おまけ動画5本)があります。順に公開していきますので、お楽しみに!
漫画はdZEROサイトで連載している謎の漫画家一秒さんです。

……「能動的であれ」とは世の中で常に言われることです。「受動的であれ」という話はあまり聞きません。ところが実際の世の中で求められているのはたいていの場合は受動的な人です(本当に世の中、特に会社や学校などの組織の中で能動的な人があふれたら大変なことになります)。(本文より)

こんにちは!dZERO編集部学生アルバイトのCです!

これは就職活動の際に強く感じましたねー。

説明会では「変革を起こせる人を!」「自ら動く人を!」といっているのにも関わらず、実際にエントリーシートや面接でコレコレを変革したいというと「それはちょっと……」といわれて落とされてしまう……(他に問題があった可能性は大いにありますが)

まあ僕が就活留年している話はここでは置いておきましょう!

『「無理」の構造』では第6章において、「教えられること」と「求められること」は違うのだという「ねじれの法則」について解説しています! 読めばきっと、こんな理想と現実のギャップに苦しむこともなくなる……はず。

エピソード3に続く

細谷功『「無理」の構造』をいますぐ買う!

2016年3月15日更新

シェアする

「無理」の構造アニメ の更新をメールでお知らせ

下のフォームからメールアドレスをご登録ください。


メールアドレスを正しく入力してください。
メールアドレスを入力してください。

細谷功の動画 読み込み中…

細谷功の本 読み込み中…