...

新倉典生

にいくらてんしょう

日蓮宗僧正。1963年、東京都に生まれる。大森大林寺にて14歳で得度、和光妙典寺にて随身生活を送る。1986年、立正大学文学部史学科を卒業し、日蓮宗大本山池上本門寺に給仕、1991年、27歳で足立善立寺の住職となる。2000年より(財)全日本仏教会の評議員を2期つとめ、2007年、東京都仏教連合会の事務局長に就任、2015年、東京都宗教連盟の事務局長に就任する。近年は宗教界の活動に加え、仏教に関する文化芸術の振興活動にも力を注ぎ、数多くの「落語会」や「展覧会」、仏教関連のセミナーを主催する一方、「ぶっせん」(TBS)、「奇跡の教室」(日本テレビ)、「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺」(テレビ朝日)など、テレビや舞台で仏事監修を担当している。(社)PRAY for ONE理事、かえる文化研究所所長。

新倉典生の書籍