...

福嶋 聡

ふくしま あきら

書店員、ジュンク堂書店難波店店長。1959年、兵庫県に生まれる。京都大学文学部哲学科を卒業後、1982年2月ジュンク堂書店に入社。仙台店店長、池袋本店副店長などを経て難波店に。学生時代は俳優・演出家として演劇活動に没頭した。

著書に、『書店人のこころ』(三一書房)、『劇場としての書店』(新評論)、『紙の本は、滅びない』(ポプラ新書)、『希望の書店論』『書店と民主主義』(以上、人文書院)、『書物の時間』(けやき出版)、共著に『フェイクと憎悪』(大月書店)、『パンデミック下の書店と教室』(新泉社)などがある。

福嶋 聡のコラム