落語的了見

第2回 努力

ほとんど報われない

 AKB48の総選挙で上位に入った子が、「努力は必ず報われる」とスピーチして感動を呼んだ、という話を聞いた。果たして本当に努力すれば報いがあるのだろうか。

 結論から言えば、ほとんどないのではないか。しかし、ないとわかっていたら誰も努力しなくなり社会は退廃してしまう。だから教育の上では努力を推奨する。

 だいたいその努力を推奨する教師を見ればそれが嘘(うそ)だとすぐわかる。心底子どもに勉学を教えたいと思っている教師なんか、数えるぐらいしかいない。そんな先生がたくさんいたら、学校はもう少しまともな空間になっているはずである。

 立川談志は、努力に関してズバッと言い切った。「努力とは馬鹿に与えた夢」だと。落語は努力をしても駄目な奴は駄目だと言っている。努力をして成功するのは映画の世界のお話。努力して出世するならばみな出世してしまう。

成功に必要なのは努力じゃなく没頭

 では成功者はどうしているのか。

 もちろん、努力はしている。ただ芸術・芸能の世界の人間は、努力を努力だと思っていない。努力をしたって自己満足以外の何物でもないことを優れた芸術家は知っている。だから、好きなことに没頭するのみ。

 それが結果的に努力をしたことになるのだが、当人は楽しんでいただけだから、世間のいう「努力」はしていないことになる。

 私は誰よりも落語、そして演劇の稽古(けいこ)に時間をかける。世間はそんな私の姿をみて、志らくは努力家だ、と口をそろえるが、私の感覚は、遊んでいるに近い。

 好きなことをやっている限り、それは努力とは呼ばない。人生、遊んで生きていこうと思ったら努力という文字を頭から抹消すべきである。

2012年8月25日更新

B!

落語的了見 の更新をメールでお知らせ

下のフォームからメールアドレスをご登録ください。


メールアドレスを正しく入力してください。
メールアドレスを入力してください。
落語的了見 一覧をみる