ムーンアイランドへようこそ

第2話 72秒

舞台

居酒屋「ムーン・アイランド」は、東京の下町、もんじゃ焼で有名な月島(つきしま)にある。すぐ近くに帝都大学がある。店内には歴代の宇宙飛行士の写真や、ノーベル物理学賞受賞者などの写真やサインが並んでいる。どういうコネクションがあるのかわからないが、実際にNASAから宇宙飛行士がやってきたりするサイエンス居酒屋である。

  

登場人物

糸川真凛(いとかわ・まりん)

帝都大学理工学部3年生。宇宙物理学を学ぶ。ひょんなことから、月島にある居酒屋「ムーン・アイランド」でアルバイトをすることに。美人で背が高く、モデルのような外見だが、超理系の負けず嫌いな性格と、科学に命を懸けているため、恋人はいない。

朝永佐織(ともなが・さおり)

「ムーン・アイランド」の女将。上品で和服の似合う美人。理科好きの男性が好きで、科学居酒屋「ムーン・アイランド」を始める。性格はしとやか。しかし、話が宇宙や深海など科学的な冒険のことになると、人が変わったように熱が入る。

国友一雄(くにとも・かずお)

「ムーン・アイランド」の常連客。大会社の役員待遇の研究者。20年前に「ノーベル物理学賞か」と騒がれたことも。頑固で無口だが、ほかの客が間違った科学の話をすると、「国友です」ともっさり名乗って、間違いを正す。

川端誠司(かわばた・せいじ)

帝都大学法学部政治学科3年生。真凛と付き合いたくて天文部に入る。真凛と同じ歳。

だが、理系の知識はゼロ。金持ちの息子で勉強にも興味はないが、なんとか真凛に振り向いてもらうために、科学知識を得ようと「ムーン・アイランド」に通う。

  

72秒

  「あんた、何しに来たのよッ」

  「へへへ」

  さっき、南条キヨ子にメールでこの店のことを知らせたが、天文部つながりで川端誠司に漏れたのだろう。

  「あら、お友だち?」

  佐織ママが、二人を見比べながらほほ笑んだ。

  「いいえ」「はい」

  真凛が否定し、誠司が肯定する。

  「なんだかよくわからないけれど、さあ、どうぞ」

  佐織ママは勝手に誠司をカウンター席に案内した。

  別に真凛の店ではないから、嫌だともいえない。

  (ちょうどいいや、帰ろうかな)

  「じゃ、さよなら」

  「え、いいじゃん、せっかく来たんだし、一緒にお酒でも飲もうよ」

  「なんであんたと飲まなきゃいけないの! 佐織さん、すみません、また来ますね」

  「あら、帰っちゃうの?」

  残念そうに佐織ママが言った時、

  「バカヤロー!」

  と、テーブル席からどなり声がした。それまで真凛と誠司のやりとりを眺めていた好奇の目は、一斉にテーブル席の中年二人に向かった。

  「お前の考え方は、根本から間違ってるんだよ! いいか、よく聞け!」

  一人がビールジョッキを、ドン、とテーブルに置いた。

  「つまり、地球外に生命が存在する可能性なんて、数字のマジックなんだよ。『宇宙には地球と同じような惑星がごまんとある。だから地球外生命は存在するに違いない』ってな。でもな、可能性なら、お前のバカせがれが帝都大に入学できるかもしれない、ってのも、可能性だろうが。しょせん無理でもだ」

  「なんだとぉ、うちのせがれは関係ないだろうが!」

  「そのくらい『可能性』ってのはいい加減だと言いたいんだよ!」

  「まぁちょっと、落ちついてくださいな」

  佐織ママが仲介に入った。

  「ね、ほら、大きな声なんか出して。何か御飲み物、持ってきましょうか?」

  「ママは黙っててくれ! いま『可能性』についての大事な話中なんだ!」

  川端誠司はポカンと成り行きを眺めていた。

  なぜ誠司はポカンとしているのか。揉めている内容が、「金を返せ」とか、「仕事のやり方が汚い」とか、そういう具体的なことではなくて、言葉通り、「可能性とは何ぞや」で、いい年こいたオジサン二人が、取っ組み合いのケンカをしそうな勢いで激論を交わしているからだ。

  (な、なんなんだ、この人たちは…)

  「真凛、なんだかへんだよな、」

  と誠司が笑いながら隣に座っていた真凛を見た。真凛は、誠司の言葉などまるで聞いていないかのように、すっくと立ち上がって激論中のテーブルに歩み寄った。

  「お話し中にすみませんがね、」

  真凛は、身長165センチでしかもヒールのある靴をはいていて、しかもルックス、スタイルともにミス・コンテストのレベルだから、いろんな意味でオジサンたちを圧倒する迫力がある。

  「いいですか、よく聞いて下さい。地球外生命に関しては、1977年、アメリカのオハイオ州デラウェアのビッグイヤー電波望遠鏡で、オハイオ州立大学のジェリー・エーマンが不思議な信号を受信したんです。10キロヘルツよりも狭い周波数に集中した、非常に強い信号が72秒間も、いいですか、72秒も継続したんですよ!」

  って、何? 誠司にはさっぱりわからない。

  「その周波数は、恒星間の通信での使用が想定される、21センチ水素線に非常に近かった。つ・ま・り、太陽系外の地球外生命によって送信された可能性があるんです!」

  真凛は、ふっと肩を落とし、

  「しかし、その後の探査では同様の現象は見つけられず、どこから、だれが発信したのか、その起源はナゾのままです。いわゆる“Wow! シグナル”です」

  と、ナゾの信号がナゾのままであることを、残念そうに語った。

  (地球外生命? ってことは、宇宙人?)

  全員、聞き耳を立てている。奥のテーブルに一人で座っていた初老の男性は、うんうんと真凛の話にうなずいていた。どうやら、真凛の話を理解していないのは、店の中で誠司だけらしい。

  「さらに言えば、ですよ。もし科学から『可能性』がなくなったら、科学なんて成立するんですか? 可能性があるから、ほんのちょっとでも、可能性があるから、だから人間は未知の世界を知ろうと努力するんじゃないんですか? 可能性をバカにしないでください!」

  (真凛は、何熱くなってんだ?)

  もちろん、ゼミも学部も違う誠司は、今朝真凛が指導教官のカワラから、「お前には可能性がない」と言われたことは知らない。だから真凛の興奮も訳がわからなかったが、もっと驚いたのは、店にいる客たちの反応だ。

  「うーむ、説得力があるな」

  「論理として成立している」

  「いや、論理以前に、探求する姿勢を評価すべきではないか」

  あちこちで、真凛の話をとっかかりに再び店の中が賑やかになった。

  演説をぶった真凛だが、我に返って、

  (あれ? 何? なんなんの、このお店)

  自分で演説をぶっておいて、客たちが内容を理解し反応していることに、真凛も驚いた。

  (これじゃあ、普通の女の子は、バイト無理ね)

  と思いつつ、私なら勤まりそうだと考えている自分に真凛はあわてた。

  ふと見ると、言い争っていた二人の客も、真凛に圧倒されたのか、なんとなく仲直りをしたようであった。

  「失礼しました」

  真凛は佐織ママにペコリ、と頭を下げ、お店を出ようとした。

  「真凛ちゃん」

  佐織ママが、真凛を引き留めた。

  「ね、お酒、飲めるんでしょ? ね、お願いだから一杯だけ、おごらせて」

  「はぁ。でも」

  と言いながら、穏やかで賢そうな佐織ママの雰囲気が好きになり始めていた真凛は、甘えることにした。

  「ボーイフレンドも一緒にどう?」

  「ありがとうございます!」

  「だから、違いますって! 今日だけだからね!」

  と釘をさすように言う。「やったー」誠司は大喜びだ。

  「こうやって、とまり木に並んで腰かけてると、恋人みたいだね」

  誠司の厚かましいセリフに、「調子に乗るんじゃないわよッ」 と真凛は不機嫌そうに応えた。

  「それじゃ、何にしましょうか?」

  佐織ママの問いかけに「ハイボールにしなさい」と、奥のテーブルから声がした。声の主は、先ほどいち早く真凛の話を理解した、初老の男性だった。「ここのハイボールは絶品だよ」と言いながら、男性は真凛たちのところにやってきた。

  「こちらに掛けても、よろしいか?」

  「あ、ええ」

  真凛はどうぞどうぞと、イスから立ち上がって、自分と誠司の間の席を初老の男性に譲った。誠司は面白くなさそうだったが、真凛にとってはありがたい。うざい金持ちボンボンと隣り合わせでお酒を飲まずにすむ。

  「国友です。さっきの演説はよかった。『ビッグイヤーの72秒』か。懐かしい話を聞かせてもらった。お礼に、わたしにおごらせてくれまいか」

  ちょっとワケな、というか、ムーン・アイランドの客はワケありだらけのようだが、国友は今日の客の中でも特に独特な雰囲気を持っていた。豊かなあごひげ、天然パーマで盛り上がった真っ白な頭。いまどき三つ揃いの背広を着て、目は少年のように澄んでいる。

  「え、でも」

  「真凛ちゃん、いいのよ。国友さんは、変な人じゃないから」

  と、佐織ママは変な説得のしかたをする。確かに悪人には見えない。「それじゃぁ」と、真凛はおごってもらうことにした。

  (ハイボールなんて、オジサンの飲み物なのに)

  とは思ったが、国友の自信たっぷりな「ここのは旨(うま)い」に乗ってみることにした。

  

2013年11月25日更新 (次回更新予定 : 2013年12月25日)

ムーンアイランドへようこそ の更新をメールでお知らせ

下のフォームからメールアドレスをご登録ください。


メールアドレスを正しく入力してください。
メールアドレスを入力してください。
ムーンアイランドへようこそ 一覧をみる