第16回 『脱アイデンティティ』と『自我同一性』を読み返す

本コラムの筆者・福嶋聡氏は、40年近くにわたり、書店の棚を通じて言論や時代の変化を見続けてきた。そこからは、いくつもの著書も生まれた。書店の棚にはどんな役割があるのか、書店員は何ができるのか。その自問自答から導きだされた […]

続きを読む… from 第16回 『脱アイデンティティ』と『自我同一性』を読み返す

第11回 公開対決の場

本コラムの筆者・福嶋聡氏は、40年近くにわたり、書店の棚を通じて言論や時代の変化を見続けてきた。そこからは、いくつもの著書も生まれた。書店の棚にはどんな役割があるのか、書店員は何ができるのか。その自問自答から導きだされた […]

続きを読む… from 第11回 公開対決の場